一番安い車検はどれ?ユーザー車検の受け方。

気になる車検とそのお値段

車に乗っていれば望む望まざるに関わらずやってくるのが自動車検査登録制度のお知らせです。車両は法律による義務で、定期的に検査を受けて保安基準に適合していると認められなければ公道を運行することができません。自動車検査登録制度は車検と呼ばれています。車検は同時期に自賠責保険の加入時期とも重なってしまうことが多いため、その負担は軽いものではありません。一般に車検の費用は、自賠責保険料に加え、代行手数料、整備点検と交換部品の費用、陸運局での検査料が含まれます。

最安車検を狙うならどこに出すべき?

少しでも車検にかかる費用を安くしたいなら、自分の車の状態に合わせて車検代行業者を選ぶことよいでしょう。一般にディーラーや整備工場はしっかりとした点検をお願いしたいときや、引き取りや代車サービスを頼みたいときに便利です。基本的な点検だけでよい場合にはカーショップや車検チェーン店を選ぶことによってコストを抑えることができ、車の専門店としての見地からの点検が期待できます。しかし、更に安く車検を受けたい場合には、自分で検査を行うユーザー車検という方法があります。

ユーザー車検での点検方法

ユーザー車検は車の持ち主が、自身で車検項目の点検を行って車検を通すことです。車検項目は自動車に備え付けている、定期点検整備記録簿を参考に点検を行うとよいでしょう。項目の中には、ブレーキ周りの点検など、車両を持ち上げる必要があるものなど、自分で行うにはとてもハードルが高い検査項目があります。手に余る場合には、難しい点検だけでも整備工場などで検査してもらうと安全です。陸運局に自動車を持ち込んだ後に検査が不合格だった場合には、同日であれば検査項目ごとに2回、無料で再検査を受けることができます。

車検とは自動車が安全に走行するために義務づけられている検査のことです。構造、性能、装置等を検査します。