心の安定にもいい!文化として定着しつつあるヨガ

ヨガブームのその先は

インドで生まれた時のヨガは過酷な修行の意味合いが強かったのですが、日本や海外でブームになった時には肉体的な健康を増進できるという点がクローズアップされていました。日本でも2005年のヨガ人口は30万人でしたが、10年後には350万人と10倍以上になっています。ブームの先にあるのは定着を目指すことですから、これからはメンタル的な効果もクローズアップされていくと言われています。ヨガって瞑想効果もありますよね。

精神的な健康効果は

ヨガの具体的な健康効果は、国内でも研究が行われているので、科学的にどういうことが精神や肉体にいいのかがわかってきています。ストレス解消効果があるガンマアミノ酪酸が増えることで、ストレスホルモンが減少する効果があるのです。その結果、イライラや不安が緩和したり、抑うつ効果を得られると言うわけですね。ヨガの瞑想効果やリラックス効果は本当だったということです。現代人こそ、ヨガの助けを借りた方がいいかもしれませんね。

ヨガをする人にも変化が?

ヨガブームの頃は、健康や美容にいいことがクローズアップされていたので女性の方がヨガ教室やヨガフェスで目立つ傾向が見られました。確かにヨガの骨盤矯正効果は女性の方が重視することですよね。でも、ヨガのストレス解消や不安の軽減などのメンタルケアとしての効果が明らかになってからは、男性でヨガをする人も増えていると言われています。企業のメンタルチェックの義務化などで、自分のメンタルの状態を見つめ直す人が多くなったのでしょう。

ホットヨガの埼玉の教室には、各分野で活躍をしている専門の講師が揃っており、健康改善に向けた努力をすることができます。